給湯器の買い替え時期やタイミングについて【Best Water】

ガスや電気が主流です

給湯器

給湯器はお風呂場やキッチンなどでお湯を沸かすための精密機器ですが、購入して7年から8年を過ぎると部品が劣化して故障をしたり、お湯の温度が安定しなくなったり、突然お湯が出なくなることもあります。購入してから、3年から5年ぐらいであれば、修理をしたほうが良いですが、8年以上を超えている場合は最新の商品に買い替えを検討すると良いでしょう。給湯器には電気やガス、灯油などがありますが、現代は電気やガスの商品が主流になっています。最新の商品はCO2などが発生しにくく、省エネで環境に優しい商品が揃っています。近くに専門店がある場合は、ライフスタイルや家族構成に応じた商品を提案してくれます。なるべく短時間でお湯を沸かしたい場合は、ガス給湯器がお勧めです。専門業者に依頼すると、希望の日時に訪問をして取り付け、設置をしてくれます。既存の給湯器がある場合は、撤去や廃棄をしてくれます。風雨の影響が受けにくい場所を選んで設置をしています。

異音や異臭がしたら要注意

給湯器

給湯器は古くなってくると、部品が老朽化してきたり、内部が故障をしたりしてしまい、異音や異臭などが発生することがあります。異音や異臭などがする場合は、早めに専門業者のスタッフに点検を依頼して下さい。放置をしておくと火災などの原因になるため、大変危険です。最新の給湯器は少ない燃料で、短時間でお湯を沸かせるのが特徴になっています。注文住宅などの一戸建ての場合と、マンションなどの集合住宅の場合は、最適な商品が違ってくるので、スタッフにアドバイスを受けて下さい。小さなお子様や高齢者のいるご家庭では、安全性に優れており、操作が簡単な電気給湯器が人気です。給湯器は生活に欠かせない必需品なので、じっくりと検討することが大事です。